ART of foods & drink_おふとりさま

梅乃屋_破壊力満点!

富津あたりに撮影に行った際に訪れるラーメン屋があります。
といっても、房総に撮影に行くことはあまりなく、房総半島でのランチは木更津あたりで食べることがほとんど。
しかし、南房総あたりまで足を延ばす際に、ちょうどよいラーメン屋です。


ラーメン800円。
やくみ50円。

麺は乾麺。
スープのだしは、豚骨系でも魚介系でもありません。
強いて云うならチャーシューでしょうか。
醤油だれをお湯で割り、チャーシューと玉ねぎで味を整えます。
私はコショウで味を引き締めます。

チャーシューラーメンもありますが、普通のラーメンのチャーシューも厚切り4枚入っているので、満足です。
この日は、切れ端も含めると、5枚以上入ってました。
ほかのお店なら、これをチャーシューラーメンと言ってもいいくらいです。

まだ3回目と云う初心者ですが、以前に比べるとスープがさほど熱くなく、麺も柔らかすぎました。
麺固めで注文したほうがよかったかも。
そして、舌が慣れてしまったせいか、以前ほど塩っぱく感じなかったのです。
これは、その日の作り手によって変わるのかもしれませんね。
以前は、角が立った味という印象でしたが、少しマイルドになったような……。

そんなことを考えながらクルマに乗り込んで南房総を目指していると、やっぱり舌がピリピリと……。
たまらずコンビニに入って水を飲みましたが、水くらいでは口の中をリセットできません。
漁師町のラーメンは、破壊力満点のおふとりさまでした。
きっと、忘れた頃にまた行ってしまう、そんなラーメンなのです。