ART of cycling

●ART of cycling_二輪書

愛機はいまのところBD-1のみ。中学生の頃、阿蘇山を自転車で登頂したことのある自転車少年が、大人になってから再び自転車でポタリングを開始したことを綴るブログ。

BD-1で東海道五十三次や中山道六十九次を旅した模様や、BD-1のカスタムを中心にお届けまします。

現在、BD-1は、birdy classicという名で販売されています。
興味ある方は、下記からご覧ください。

▼最新の記事はこちら。

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──御油宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 4 8:56_御油宿 2018.3.25 現代の東海道旧道は川ではなく道に阻まれる 3泊目は無事に豊橋駅前のビジネスホテルに ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──吉田宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 18:21_吉田宿 2018.3.24 ジグザグなルートを標識に沿って 火打坂を登りきると、大きな園芸店の駐車場が左に見 ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──二川宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 17:38_二川宿 2018.3.24 潮見坂を登りきって、高台の東海道旧道を進んでいくと、白須賀宿本陣のある細い通りを ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──白須賀宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 17:01_白須賀宿 2018.3.24 新居宿の本陣跡から南下して、900mほど行くと、〈橋本〉で県道417号線に出ま ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──新居宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 16:16_新居宿 2018.3.24 舞坂宿から先は、本来なら海路となる新居宿までの東海道旧道。 もちろん、現在は陸路 ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──舞坂宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 15:51_舞坂宿 2018.3.24 吉牛とはなまるうどんという禁断の炭水化物組み合わせランチを食べたばかりとはいえ、 ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──浜松宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 14:10_浜松宿 2018.3.24 『東海道中膝栗毛』にも記されている東海道の「どまんなか」中の町を過ぎて、西を目指 ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──見付宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 11:35_見付宿 2018.3.24 「江戸の古道」の急坂を上りきると、しばらく日本中どこにでもありそうな普通の生活道 ...

コメントなし

旅するBD-1、東海道五十三次旧道を行く──袋井宿

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中です DAY 3 10:49_袋井宿 2018.3.24 掛川宿を抜けて、袋井バイパスと東名高速をクロスして進むと、県道253号線は田んぼ ...

コメントなし

BD-1を56Tと47Tのダブル化にする

BD-1は、birdy classicという名で、現在も販売中。 56Tと46T、旅先では交換が実は面倒 中山道旧道を走破した際、56Tと47Tのフロントギアを上手く使い分けました。 つまり、登りの多 ...

コメントなし

▶過去の記事はココをクリック。

更新日:

Copyright© ART LIFE mag. , 2019 All Rights Reserved.