ART of foods & drink_おふとりさま

元祖長浜屋_アナタ好みに染めてやって下さい

以前も書きましたが、私が初めて入るラーメン店で、まず間違いないと思うのは、メニュー(というか基本の味)が1種類しかないラーメン店です。

そうした観点から行くと、こちらの券売機はいさぎよすぎです。
ラーメン1本のみ。
博多のラーメンなので、替玉は当然ですが、替肉もあります。
替肉を頼んだら、つまりチャーシュー麺ということでしょうか。
焼酎200円にもひかれましたが、レンタカーなので、ここはラーメンのみで。

ラーメン、500円。

朱色のテーブルが、郷愁をそそります。
幼い頃住んでいた九州でのラーメン、そしてちゃんぽんや餃子の思い出は、この朱色のテーブルとともにあります。

麺の固さは普通でオーダー。
スープはもちろん熱々。

一口食べてみて、「ん? スープがちょっと水っぽい?」と感じてしまいました。

しかし、はす向かいに座った常連らしき男性が、やかんに入ったタレを最初からどんぶりに入れているのを見て、なるほどと思いました。
替玉を入れてもらったときにタレを入れるというのではなく、そこはフリースタイルなのだと。

何度かに分けてタレを入れて整えると、ちょうど好みの味になりました。
白ごまとコショウを振りかけてさらに調整して、いただきますからやり直し。

はす向かいの常連男性は、最初から紅ショウガを投入してましたが、私は麺が残り1/3に達してから投入するのがマイルール。
味変した1/3で、さっぱりととんこつラーメンを食べ終わるようにしています。

博多駅や天神などの繁華街だと、同じ長浜ラーメン店でもいろいろサイドメニューなどが豊富(そして単価が高い)。

これくらいシンプルなのが、本来の長浜ラーメンなのでは……と思いながらおふとりさましていたら、店名もそのまんま「元祖」がついておりました。

たぶん、このお店が長浜ラーメンのルーツなのでしょう、きっと。

そういえば、レンゲがないなーと思ったのですが、はす向かいの常連男性がレンゲなしで食べていたので、そういうもんだと、郷に入れば郷に従いました。

いままで食べた長浜ラーメンのなかで、もっとも美味しかったなぁと感じたのですが、よくよく考えたら、自分好みに味を調整しているわけですから、さもありなんのおふとりさまでした。