ART of car life_四輪書

BMW i8で行く東海道五十三次の旅◎11_三島

更新日:

day 1 17:57

2015.11.26

スポーティだけどコンフォート

箱根峠から、すっかり暗くなった国道1号線を通って、三島まで一気に下っていきます。

東海道旧道は、〈五本松〉で国道1号線を逸れますが、そのまま下っていき、〈南二日町I.C.東〉で国道1号線を下りて、三嶋大社へと向かいます。

歌川広重の浮世絵では、まさにこの三嶋大社の前を往く旅人の姿が描かれているのです。

ただし、その時間帯は「朝」。

BMW i8で到着したときにはすでに日も暮れた夕刻でした。

東海道中膝栗毛の描かれた時代では、無事に箱根を越えて三島に到着すると、「山祝い」を行ったそう。
無事に難所である箱根峠を越えて、そのお祝いの宴をしたそうです。
三島の飯盛女は、街道筋でも有名であったと言うことですから、その宴というのもいかなるものか、お察しの通り、だと思います。
どんな宴かはさておき、三島で旅人が散財したことは確かなことのようです。

BMW i8では、三島ではなく、箱根を登る際に調子に乗って楽しんだために、ガソリンを散財してしまいました。

i8にはスポーツがない!?

BMW i8は、あくまでも「持続可能」なクルマの未来のひとつの提示。
BMWの「i」シリーズは、スポーティさや走りがプライオリティの1番目にくることはありません。
そのためか、その他のBMWのように、ドライブモードに「スポーツ」が存在しません。

もっともスポーティなモードでも「コンフォート」。

しかし、これは言葉の綾のようなところもあって、「コンフォート」を選択して、シフトノブで「スポーツ」をセレクトしてパドルシフトでシフトチェンジすれば、かなりスポーティな走りを楽しむことができます。

箱根を登る際は、この組み合わせで楽しんでしまったのでした。

ここからは、ドライブモードを「エコプロ」に切り替えて、省エネモードで走ることにします。

注:〈  〉内は交差点名を表します。

三島
Mishima
日本橋から11番目の宿駅に指定された三島宿は、古くから三島明神の門前町として開けていたところ。かの歌川広重が東海道五十三次を描いた三島宿には、朝霧の中、三島明神の鳥居の前を行き交う旅人の様子が描かれている。

▼次の宿場はこちら

▼ひとつ手前の宿場はこちら

▼折りたたみミニベロ、BD-1での東海道五十三次旧道の旅もあります。

-ART of car life_四輪書
-, , , , , , , , ,

Copyright© ART LIFE mag. , 2020 All Rights Reserved.