ART of house _未完箱

キッチンの排水口のニオイ、つまりを一気に解決!

更新日:

台所の排水問題、ふたたび勃発

COVID-19の影響で、テレワークで引きこもること一ヶ月。たまにしかキッチンで洗い物などしませんでしたが、毎日のようになにかしら料理したりしていると、シンクの排水が悪くなっていることに気が付きました。

新築から5年くらい経ったときでしょうか。やはり同じように排水が悪くなって、ついにはシンクの排水あたりから悪臭がし始めたため、S字トラップから下を外して確認したことがありました。

新築当時からのSトラップ

S字トラップとジャバラ管には、この世のものと思えないドロドロした汚れが堆積していて、つまりは動脈硬化みたいな状態なのでした。

このとき、高圧洗浄その他で、S字トラップとジャバラ管内部の汚れを綺麗に除去、再度取り付けて事なきを得たのですが、それから4、5年。ついにまた来たか、という感じです。

経済的にも新品取替えが賢い

今回、ホームセンターで入手した3品。1)Sトラップ 2)ジャバラ管 3)防臭パッキン

そこで考えたのが、次の3点。

1)加圧式のパイプクリーナーでつまりを解消する
2)前回同様、取り外して清掃
3)S字トラップとジャバラ管を新品にする

1)は、信頼できそうな製品は、結構なお値段。2)は、前回清掃した際にジャバラ管そのものが臭ってしまっていたので、できれば再利用したくない。ということで、3)の方法を採択。

近くのホームセンターでパーツを購入してきました。各パーツが1000円もしないようなものばかりだったので、結果としては新品に取り替えるほうが手っ取り早いということです。

しかもホームセンターで、便利なグッズを見つけてしまいました。以前からあったんでしょうが、そんな製品があるとはつゆ知らず。その製品は、防臭パッキンです。

竣工したときから、こうしてテープで巻いてあったので、ちょっと変だなとは思っていたのですが……

以前、排水口あたりからニオイがし始めたとき、ステンレスのパネルを外して調べてみたら、ジャバラ管と排水のPV管との隙間を塞ぐためのテープが外れていたことがありました。それでテープを巻き直して応急処置をしたのですが、今部分の処理、こんなもんなんだとばかり思っていたのです。

数百円で、こうした便利なパーツがあったのです

……が、ちゃんとジャバラ管とPV管をぴったりと塞ぐパッキンがあったんですね。

S字トラップは、竣工当初よりついていたのと同じデザインではなく、カクカクしたものしか手に入りませんでした。

無事に取り付け完了

ちょっと心配もありましたが、装着してみると何ら問題なし。排水もよくなり、ニオイ問題も解消。

台所の排水管は、数年おきに新品に付け替えることが経済的にもオススメです。

▼40・50兼用だと、間違って購入しても対応できるのでオススメです。

▼防臭キャップは、いろんなデザインがあるんですね。

-ART of house _未完箱

Copyright© ART LIFE mag. , 2020 All Rights Reserved.