ART of house _未完箱

自作でパイプ ウッドデッキ

更新日:

コンクリート打ち放しに似合うウッドデッキ

新築してすぐに、「庭にデッキテラスを作って欲しい」という要望が妻からありました。
コンクリート打ちっ放し、床もモルタルのままという、無骨な家に合うデッキテラスとは……。
しかもできるだけコストは掛けたくありません。
どうしたものか思案しているとき、建築雑誌時代に取材した、配管建築を思い出したのでした。

DIYでウッドデッキに挑戦

取材したのは、水道管に使われる亜鉛メッキ鋼管を使って、マンションをリノベーションしたものでした。

私が選んだのは、水道管よりもっと径の大きな足場パイプ。

足場パイプで骨組みを作り、それにレッドシダー材を並べるだけという、非常に簡単な構造。

足場パイプのカットは、購入したホームセンターで行ってもらい、
レッドシダーは、現場で自分で丸ノコでカット。

梁となる木材は、浴室の造作で余った木材(たぶんウリン材)を使用しました。
このウリン材に木ねじでレッドシダーの板を取り付けるだけ。

凝った造作は一切ないので、いつでも分解解体できますし、板の張り替えもできます。

たまたま電動丸ノコを持っていたので、組立作業自体は2時間弱で完了。使った工具はプラスドライバーだけです。

ホームセンターであらかじめ木材もカットしてもらえば、プラスドライバーだけで組立ができるという簡単さ。

(※レッドシダーは、ブラックの塗料で塗ってあります)

7年経過しても、メンテ一切不要

よく、古くなったウッドデッキの足が腐っているのを見かけますが、あのリペアをすることは考えただけでもぞっとします。一から作り直しした方が早いかも、と。

この足場パイプデッキならば、リペアも簡単ですし、未完箱に設置したサイズですと、大人ふたりでいつでも移設可能。その気になれば、大人ひとりで、立てかけることもできます。ちなみに足は土中に埋設してません。これまたホームセンターで売っているコンクリートの平板に配管の足をのせているだけです。この足は高さ調整ができるので、設置する場所は、厳密に水平を出さなくてもよいという気軽さもあります。

旧ブログ『四季即是空』でも、なんどもお問合せを受けた記事でしたので、今回は詳しくまとめてみました。

それにしても、2010年当時に使っていたCONTAX TVSデジタルは、ピントが合いづらいコンデジでしたね〜。

↓↓↓単管パイプで作ったウッドデッキは、下記のパーツを使っています。





-ART of house _未完箱

Copyright© ART LIFE mag. , 2019 All Rights Reserved.