ART of foods_おふとりさま

ティーヌン_4種の調味料で自分好みに

投稿日:

たまにはさっぱりした味で勝負

見た目にも刺激的なトムヤムラーメンばかりをオーダーしてしまうティーヌンですが、たまにはさっぱりしたスープの一品を頼んでみたくなるものです。

そこで頼んだのは、こちらの一品。
さっそくおふとりさまです。

チャーンノーイヌードル 780円。
麺はセンレック(中細米麺)をセレクト。

塩味のほんのり魚介スープ。
このスープには個人的にセンレックがベストマッチだと思っています。

なんとなくフォーっぽい感じでおふとりさま。

実は、これはこれでさっぱりとした酸味と、ちょっと辛いかなぁという絶妙のマッチングなのですが、やっぱり求めてしまうのが刺激なのです。

そこで、テーブルに置かれている4種の調味料の出番です。
といっても使うのは2種類ですが……。

タイ料理店にいくと、必ずテーブルに置かれているこの調味料は下記の4種類です。

プリック・ポン(粉唐辛子)
ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)
ナンプラー(魚醤)
ナムターン(砂糖)

ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)とナンプラー(魚醤)は、お店によって多少味が違ってくるかもしれません。

チャーンノーイに入れるのは、ナム・ソム・プリックとナンプラーです。
これで辛さマシマシ、旨味マシマシというわけです。

チューニングしてあらためておふとりさま

味を調整し、あらためておふとりさま。

やばい、チューニング一発でかなり理想の味。
これはハマってしまいそうです。

大学の頃からティーヌンにはトムヤムラーメンを食べるために通っていた感がありますが、いろいろ他のメニューを今頃になって開拓してみようと思ったのでした。

これでますますおふとりさまなのでした……。

▼こういうさっぱり塩味もたまにはいいかも。
らあめん元-HAJIME- 鶏塩らあめん

永遠の定番、トムヤムラーメンはこちら。

カオソイもあります!

-ART of foods_おふとりさま

Copyright© ART LIFE mag. , 2019 All Rights Reserved.