ART of cycling_二輪書

BD-1で東海道五十三次旧道を行く──戸塚宿

DAY 1 5:12_戸塚宿

歩道橋を渡りきってからは、普通の生活道路のような道を走っていくと、〈東戸塚駅入口〉で国道1号線を横断し、その後は1号線に合流したり逸れたりしながら戸塚へ向かっていきます。
柏尾川を渡る吉田大橋の手前が浮世絵ポイント。


箱根駅伝では、戸塚中継所としても有名な戸塚。
マンホールの絵柄は、浮世絵「元町別道」の景色のなかをランナーが走っているというもの。
東海道と駅伝、どちらにも敬意を表したマンホールです。

旧東海道はエレベーターで

吉田大橋を渡ると、すぐに左折。
そろそろ出勤の人たちの姿がちらほらし始めました。
そして東海道旧道は、JR東海道本線に分断されてしまっています。
しかし、ご心配なく。
高架橋で線路を渡ることができるようになっています。
そして、この高架橋に上るのには、エレベーターを使用します。
スロープもありますが、それだと旧東海道の正規ルートから若干ではありますが逸れてしまいます。
俯瞰でルートを捉える限り、エレベーターを使う事がルートに忠実。
しかも、エレベーターには自転車もオッケーと案内されています。
迷わずエレベーターへ。


高架橋を渡り、再びエレベーターで地上に降りた頃、雨がパラパラと降ってきました。
(もっとも、路面を濡らしただけで、すぐにやみましたが……)
そして、夜も白々と……。
お腹も減ってきました。

京方の戸塚宿を過ぎると、また上り坂です。
バス停に並んでいる人を横目に、キイキイゆっくりと登坂。
まだ、これくらいの坂ならば、下見の時も58Tでも上っていけたのです。

国道1号線は、トラックなどが普通に走っている時間帯。
夜明け前(通勤前)までに小田原着、は到底無理でした。

 

〈藤沢バイパス出口〉で左の道へ。
久しぶりの長い下り坂です。
一気に藤沢宿まで駆け下りていきます。

注:〈  〉内は交差点名を表します。
東海道五十三次旧道を走破した日程はこちら。

 

BMW i8での旅の模様はこちら。

【BMW i8で行く東海道五十三次旧道の旅】♯05_戸塚