ART of foods & drink_おふとりさま

麺2_弱腰の一杯

雨が降っていたので、地下へ下りてみました。
土地勘のない場所では、地下だととんでもないところに行ってしまいかねないので、出張の際はあまり使わないことにしています。

何度も出張で訪れたことのある梅田。
地下には、たくさんの飲食店が並んでいて、これまでまったく知らなかった大阪の一面を垣間見た気がしました。

何気なく通った地下街のうどん屋が、記憶に残っていました。
翌日の朝、新大阪駅に向かう際に、無意識のうちにそのうどん屋へ足が向いていたようです。

きざみうどん、290円。

コシのない麺は、うどんとしては細い方。
歯ごたえなんて求めてはいけません。
でもそれでいいんです。
つゆも関西にしては、ちょっと濃いめ。
きっとメニューにある蕎麦も、同じつゆをつかうのでしょう。

とはいえ、油揚げをただ刻んだだけのこのうどん、なぜかいつも食べてしまうのです。
たいていの場合は、立ち喰いです。
飲んだ後の〆に、ちょうどよいのです。

そんなうどんですが、仕事前の朝に、サッと済ませるのにも最適。
スタバで頼む、一杯のコーヒーより安いし。

二日酔いの疲れた身体に優しい、おふとりさまでした。