ART of foods_おふとりさま

東京おぎくぼゑびすや_ガツンとやさしい味

投稿日:

腹が減っては旅はできぬ

2018年のサクラ咲く頃、東海道五拾三次旧道をBD-1で走破しました。

日本橋を出立してから四日目の日が暮れた頃、ようやく四日市に到着。あたりも真っ暗だし、四日市のホテルに泊まりたいと思ったのですが、翌日には京都まで走り切らなければならないので、亀山までは行っておきたいところでした。

しかし、血糖値が下がりすぎて、もう先には進めませーん! な、状態。

四日市宿はたまたま商店街です。たまにはコンビニ飯以外の食事が摂りたくて、アーケード街をウロウロしていると、おあつらえ向きのお店を見つけました。

さっそくおひとりさま入店。

1日に100km以上ポタリングしてきたわけですから、四日目ともなると「スタミナ」という文字にやたらと反応するようになっています。

そこで条件反射的にオーダーしてしまいました。

スタミナにんにくラーメン 706円(+税)。

もう、コッテリならなんでも美味く感じる身体です。
スタミナ以外に「にんにく」という文字にもそそられます。

あの北大路魯山人も著書の中で書いてました。食べたいと思うものが身体が欲しているものだと(だいぶ意訳してますが)。

つまり、そのとき私が望んでいたのは、このコッテリ感だったのです。

さあ、おふとりさまです

にんにくたっぷりのペペロンチーノ、ガーリックライス……と、無類のにんにく好きということもあって、揚にんにくがなんともたまりません。

ゑびすやのラーメンは、普通のラーメンに比べて1.5倍の麺ということですが、まったく膨満感にはほど遠く……。むしろ足りないくらい。

肉体を酷使するって、こういうことなのです。

見た目はコッテリなのですが、意外と口当たりはさっぱりしていて、セーブしないと勢いですべてのスープを飲み干してしまいそうになるほどです。

あとで知ったのですが、スープは生の骨から炊きだしているようで、いわゆる防腐剤はいっさい使用していないとのこと。なるほど、最初にその情報を知っていたら、スープを飲み干していたかもしれません。

ということで、じゅうぶんにスタミナを補給したおふとりさまを済ませ、無事に亀山まで走り抜けたのでした。

-ART of foods_おふとりさま

Copyright© ART LIFE mag. , 2019 All Rights Reserved.