ART of foods & drink_おふとりさま

ニガテ苦手も好きのうち……メレンゲクッキー?

イタリアのマンマお手製のトルテッリでおふとりさました後は、コーヒーを飲みながらの歓談です。イタリアでの食後のドルチェは、ちょっといつもヘビーです。甘さもさることながら、量もハンパでないことが多いのです。いつも、「半分以下で」とお願いします。

さて、本日ご紹介するのは、この日のドルチェではなくて、撮影していた時に出されたお茶菓子です。
みるからに砂糖菓子。わた飴をはじめとして、りんご飴も苦手ですが、マカロンやマシュマロなども大のニガテ。食わず嫌いではなく、食べてニガテになったスウィーツです。おもてなしは、喜んで受けるべきとは思いつつ、さて困ったな、というのが第一印象でした。
しかし、同行していたスタッフが、びっくりするほど美味しいリアクションをするので、ならばとひとつ。食べることができないほどキライ、ではないのです。


モグモグ……、えぇっ! うまれてはじめて、砂糖菓子を心からおいしいと思った瞬間でした。
サクサクでほのかな甘さ。そして香ばしさが最後に口に残ります。粘着的に口中に甘さが残るのではなく、スッと軽く広がって、爽やかに消えていく甘さ。
気がつくと、2個3個と口に放っていました。
これもマンマのお手製。
メレンゲと砂糖だけで作るそうですが、肝心の作り方は忘れてしまいました。きっと、聞いても同じように作れないなと感じたので、話半分で聞いていたのです。
お土産にビニール袋に詰めてもらいましたが、これがそのままマーケットで買える商品だったなら……。

何を食べても美味しく感じてしまうイタリアで、砂糖菓子でおふとりさま。

そうそう、食後にはワインとチーズのてんこ盛り。チーズも好きな方ではなかったのですが、不思議と現地ではおいしく食べることができました。やっぱり食べ物って、その土地のものに限りますね。そしてさらに、おふとりさま。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください