ART of column_四季即是空

太陽の塔を買い損ねて、衝動買いする

先日、ガレージの取材で訪れたお宅の玄関に、太陽の塔のソフビが置かれていました。
それと色違いのソフビを随分以前にこども達のために購入しました。
その銀色のソフビは、いまはリビングのとある場所が定位置になってしまいました。


書斎に置いて、パソコンに向かって仕事している時に、この銀色の太陽の塔を見て癒されたいな〜と思い、もう一体購入すべく岡本太郎美術館に。

せっかくなので、展示も閲覧して、リアルな太陽の塔のミニチュア版を眺めてみたり。


いよいよ美術館のショップでお目当の銀色の太陽の塔を購入しようとすると……。
なんと、1体もありません。
店員に尋ねると、いまは売っていないとのこと。
ただし、色違いの白は売っておりました。
仕方がないので、白色で我慢しようとしたら、さきほど展示されていた太陽の塔に負けず劣らずのリアルなフィギュアがあるではないですか。

お値段も、ソフビの太陽の塔の値段を基準にしたら、
その精度の高さゆえに、かえって安く感じるほどです。

思わず反射的に買ってしまっていました。


ちなみに、足の生えた太陽の塔は、ウルトラマンとの合体でした。

これが本当の、ウルトラマン・太郎。