ART of foods_おふとりさま

ペヤング 激辛やきそば_やっぱりマヨでマイルドがいい

更新日:

湯切り瞬間がクライマックス!

ペヤング激辛系やきそば三部作、ついに完結です。

どう考えてみても、これまでの2作に比べ、辛くないはず。もう、おふとりさまする前から舐めきっております。

お湯を注いで、待つこと3分。当然のことなのですが、湯切りするまでの一連の動作は、前2作と同じです。なんなら、麺もかやくも同じでしょう、きっと。

湯切りする場合、大抵の人がキッチンのシンクにお湯を捨てると思います。シンクにもうもうと立ちこめる湯気、そのときに漂う香りが、不思議なことに食欲をとてもそそるのです。ひょっとしたら、カップやきそばにおけるクライマックスの瞬間といっていいかもしれません。

そういえば、今回の三部作のカップ麺の場合、ひらがなで「やきそば」と表記しますが、「焼そば」と漢字で表記しないのには、実際に火を通して「焼く」行為をしないからなのだということに思い当たりました。あくまでもお湯でもどす、という感覚なんですね。

今回は、指にソースがつかないように用心しながらソースの小袋を開封。ソースをしっかりと麺に絡めるのですが、香りはさほど辛さを主張していません。目や鼻腔を攻撃してくる、揮発性の“香辛料”は含まれていないようです。

次のページへ >

-ART of foods_おふとりさま
-, , ,

Copyright© ART LIFE mag. , 2021 All Rights Reserved.