ART of car life_四輪書

BMW i8で行く東海道五十三次旧道の旅◎03_神奈川

更新日:

day 1 07:51

2015.11.26

“見た目は派手だが静かなヤツ”

歌川広重の描いた東海道五十三次。
神奈川の絵は、「台之景」。
腰掛け茶屋が並んでいる絵です。

東海道本線や京急本線で寸断された旧東海道は、この浮世絵に描かれた坂道で復活します。

つまり現在の横浜駅は、かつては海だったということです。

さて、この「台之景」に描かれた腰掛け茶屋に「さくらや」という看板があります。
このさくらやは幕末の頃に買い取られ、「田中屋」と改められ料亭となります。
いまも続くこの料亭には、坂本龍馬の妻おりょうが、数年間仲居として働いていたという記録が残っています。
坂本龍馬が亡くなったあと、勝海舟の紹介で働いたとのこと。

しかし、東京方面からこの旧道へのアクセスは面倒なため、洲崎大神前の旧道も含め、BMW i8で通ることは断念。
青木橋で東海道本線を越えて左折することにしました。

その代わり、〈中央市場入口〉で左折してちょっと寄り道。
ちょうどこの〈中央市場入口〉付近が神奈川宿の青木本陣があったところ。
住宅街を分け入って、「神奈川台場跡」を訪ねました。
この台場跡、設計は勝海舟なのです。
事前に調べたところ、石垣の一部しか残っていないようですが、ちょっと心惹かれて立ち寄ることにしました。

ひっそりと佇む台場跡

台場跡は、ごくごく普通の住宅の密集する場所にありました。
通勤通学の時間帯、家庭によってはまだ朝食の時間かもしれません。
しかし、住民に朝から不快な思いはさせません。
これがもし12気筒エンジンをリアミドに搭載したスーパーカーならば、様子は違っていたでしょう。
アイドリング状態でも、静かな住宅地ではとんでもなくうるさいのです。
一方のBMW i8、その外観とはうらはらに静かなのです。
これが、この旅にBMW i8を選んだ大きな理由のひとつ。

東海道旧道は、住んでいる人にとっては生活に密着した道路でもあります。
早朝や深夜の撮影の際にも、大きな音で迷惑にならないようにという配慮からでした。

〈中央市場入口〉を左折して、ひとつめの信号をすぐに左折。
小さな橋を渡って、入り組んだ路地裏を迷うことなく目的の石碑の前で記念撮影。
ご近所の方達の迷惑にならないように、早々に先を急ぎます。

神奈川
Kanagawa

神奈川宿は、近くに神奈川湊を控えた東海道五十三次の3番目の宿駅として発展。幕末期には歴史の数々の舞台ともなった。また、東海道有数の景勝の地とされていた袖ヶ浦に近いこともあって、多くの人出があったようである。

次の宿場はこちら。

ひとつ手前の宿場はこちら。

自転車で行く東海道五十三次旧道はこちら。

-ART of car life_四輪書

Copyright© ART LIFE mag. , 2019 All Rights Reserved.